賃貸経営において修繕費はその内容によって修繕費と資本的支出に分かれる

賃貸経営で通常の維持管理業務で必要な費用や災害などで既存した場合の原状復帰のための費用と言うのは修繕費として計上することが可能です。ただし、こういう用途で使用される費用が全て修繕費として計上できるかどうかは分からないことがあり、場合によっては資本的支出と判断されることがあります。修繕費と資本的支出の違いについて解説していきます。

経費として認められる判断基準がある

入居者が退去した後のメンテナンス費と言うのは修繕費になるのか、資本的支出になるのか分からないということもあるでしょう。基本的な考え方としては、1回の修繕費が20万円未満。または周期が3年以内ということであれば修繕費として認められます。修繕費と言うのは維持管理や原状回復として使われた場合の費用です。

それでも判断できない場合は60万円未満であれば、修繕費として認められます。60万円を超えている場合は、前期未取得価額の10%以下であれば修繕費と考えてもいいです。金額が小さい場合には修繕費にしやすいので、工事の内訳をきちんとメモしておくことをお勧めします。

 

資本的支出とはどういうものか?

元々は修繕が目的であっても、建物の資産価値をアップさせたり、耐久性をアップさせるというような支出については、資本的支出という風に判断されますので、この場合は経費として認められない点に注意してください。資本的支出の場合はまず資産に計上して、それから減価償却をすることで、経費を計上していきます。

 

修繕費は経費計上でき、資本的支出は減価償却をする

維持管理や原状回復のために使われた場合は修繕費として認められる可能性が高く、資産価値や耐久性をアップさせるものは資本的支出になります。修繕費は経費計上でき、資本的支出は最終的に減価償却をして費用化します。